/corp/news/letter/308.html,Stainless,養蜂ツール,www.leaddental.com,養蜂用品,Steel),養蜂用ナイフ機器のキャッピングスクレーパーハニーハニカムスクレーパーステンレススチールハンドルツールキャッピングフォークビーキーピング,:,DIY・工具・ガーデン , ガーデン , 土工農具 , フォーク,3819円,(Color 3819円 養蜂ツール 養蜂用ナイフ機器のキャッピングスクレーパーハニーハニカムスクレーパーステンレススチールハンドルツールキャッピングフォークビーキーピング 養蜂用品 (Color : Stainless Steel) DIY・工具・ガーデン ガーデン 土工農具 フォーク /corp/news/letter/308.html,Stainless,養蜂ツール,www.leaddental.com,養蜂用品,Steel),養蜂用ナイフ機器のキャッピングスクレーパーハニーハニカムスクレーパーステンレススチールハンドルツールキャッピングフォークビーキーピング,:,DIY・工具・ガーデン , ガーデン , 土工農具 , フォーク,3819円,(Color 養蜂ツール 2021新商品 養蜂用ナイフ機器のキャッピングスクレーパーハニーハニカムスクレーパーステンレススチールハンドルツールキャッピングフォークビーキーピング 養蜂用品 Color : Stainless Steel 3819円 養蜂ツール 養蜂用ナイフ機器のキャッピングスクレーパーハニーハニカムスクレーパーステンレススチールハンドルツールキャッピングフォークビーキーピング 養蜂用品 (Color : Stainless Steel) DIY・工具・ガーデン ガーデン 土工農具 フォーク 養蜂ツール 2021新商品 養蜂用ナイフ機器のキャッピングスクレーパーハニーハニカムスクレーパーステンレススチールハンドルツールキャッピングフォークビーキーピング 養蜂用品 Color : Stainless Steel

養蜂ツール 第一ネット 2021新商品 養蜂用ナイフ機器のキャッピングスクレーパーハニーハニカムスクレーパーステンレススチールハンドルツールキャッピングフォークビーキーピング 養蜂用品 Color : Stainless Steel

養蜂ツール 養蜂用ナイフ機器のキャッピングスクレーパーハニーハニカムスクレーパーステンレススチールハンドルツールキャッピングフォークビーキーピング 養蜂用品 (Color : Stainless Steel)

3819円

養蜂ツール 養蜂用ナイフ機器のキャッピングスクレーパーハニーハニカムスクレーパーステンレススチールハンドルツールキャッピングフォークビーキーピング 養蜂用品 (Color : Stainless Steel)

商品の説明

"span"アドバンテージ:
1、ステンレス鋼製、滑らかで手を傷つけません。フォークは304のステンレス鋼で作られているので、鋭くて早く、防錆されています。
2、蜜蝋カバーをカットし、巣脾臓を清掃するための革新的な切断蜂蜜フォーク。304のステンレス鋼で作られた、選択された材料は耐久性があり使いやすいです。
3、蜂蜜針を切る。フォークは17のステンレス鋼の針を持っています。これは脾臓をより詳細にし、そして操作はより徹底的です。
4、スクレーパー、ニードルタイプ、シャベルスクレーパータイプ大面積操作針タイプの引っかき傷と脱落。掻き取り操作をより簡単にしましょう。
5、快適なハンドル。ステンレス鋼材料、滑らかでスプレーワニス、手に損傷を与えません。快適なグリップは手のひらに適しており、蜂蜜を切る蜂蜜はより省い節約になります。ぶら下がっています。

養蜂ツール 養蜂用ナイフ機器のキャッピングスクレーパーハニーハニカムスクレーパーステンレススチールハンドルツールキャッピングフォークビーキーピング 養蜂用品 (Color : Stainless Steel)

DJKは高分子材料や複合材料に関連した試験・研究を受託しています。
分析・測定、文献追試、既存品との性能比較、改良検討(提案)、少量試作など幅広く対応します。

[2021.10.7] 標準料金表(2021年10月版)を更新しました。
これに伴い2021年10月1日より一部のサービスの料金が改訂されます。
新しい料金表は料金表ページから閲覧・ダウンロードが可能です。

[2021.10.1] 弊社の新型コロナウイルスの最新の対応についてはこちらからご確認ください。

[2021.3.24] 弊社横浜ラボラトリーズでは、「エポキシ当量の測定」に加えて、
新たに「全アミン価測定」の認定を取得しました。
RoHS分析のICP-AES法(Cd, T-Cr, Pb, Hgの4元素)は認定を返上、
IC法(T-Br)のみ認定を継続します。
認定情報についてはこちらからご確認ください。

お知らせ一覧

PAGE TOP